アイキャッチ画像
健大高崎(群馬) 3-2 報徳学園(兵庫)

報徳学園|200|000|000| = 2
健大高崎|201|000|00x| = 3

【投手】
報徳学園:今朝丸
健大高崎:石垣(8)、佐藤

【本塁打】
報徳学園:-
健大高崎:-


コメント

コメントがありません。

報徳学園へのメッセージ

報徳学園の皆様は今年の春休みに開催される甲子園も決勝を以ってお疲れ様でした!!(労)
今年の春休みに開催された甲子園の決勝は今のところ夏限定で甲子園にて優勝して欲しい群馬県勢だったので、報徳学園が甲子園における返り討ちで、昨年のリベンジとなる甲子園の優勝を願いたかったですが…
それでも初回の報徳学園の攻撃では、ワンアウトから2番・センターの福留選手がセンターへのヒットを放ったナイスバッティングでした!!☆☆♬
3番の西村選手もフォアボールを選んで、ダブルランナーが出てからツーアウトにはなりましたが、5番・ライトの安井選手がライト線へのタイムリーツーベースで、一塁ランナーのホームインは2点タイムリーではなく、ライトのエラーでホームインなので、打点は1でも結果的に2点を先制パンチしたナイスショットでした!!☆☆♬
しかしその裏の報徳学園の守備ではツーアウトからダブルランナーに出られてレフトへの同点タイムリーを打たれた試練の守備でした!!(厳)
3回の攻撃ではワンアウトからセンターへのヒットを放っても、4番・ファーストの選手がセカンドライナー併殺打に倒れてしまって、その直後の守備ではファーストへの内野安打やファーストを抜けたり越えたりするヒットは相手として嫌がる野球を展開されることになります!!(厳→汗)
同点のまま迎えた3回の守備では上位打線の好打順で、1番・ライトの選手にライトへのスリーベースを打たれると、2番はファーストゴロで三塁ランナーを釘付けにしましたが、3番にライトへの逆転タイムリーを打たれた苦しい守備になりました!!(汗)
序盤戦は相手打線に一二塁間の内野手で中軸の選手に同点タイムリー・逆転タイムリーでタイムリー長短打を打たれた今年の春休みに開催される甲子園の決勝でした!!(大汗)
それでも先頭の1番にライトへのスリーべースを打たれても、ファーストゴロに仕留めて、三塁ランナーのホームインを許さなかったのは相手として嫌がる野球を展開されそうで展開させなかった大きいディフェンスタイムでした!!☆☆♬
3-2で健大高崎がリードのまま迎えた6回の表は報徳学園の攻撃で、最低限同点に追いつくことで、ラッキーシックスの攻撃にしたいので、5番から始まる攻撃では、安井外野手が今度はセンターへのツーベースを放つと、6番の山岡内野手がワンボールナッシングから送りバントがセーフティーになって、チャンスを広げたナイスアタックでした!!☆☆♫
しかしこっから下位打線なこともあるのか、あと一本も出ず9番も見逃し三振を許す痛手な攻撃でした!!(大汗)
だから6回の守備ではピッチャー返しのセンターへのヒットは相手として嫌がる野球です!!(厳)
6回の守備ではワンアウトから2者連続で見逃し三振になぎ倒し、7回の報徳学園の攻撃をラッキーセブンの攻撃にする場合は、ファーストへの内野安打やファーストを抜けたり越えたりするヒットを放っては最低限同点に追いつくのが相手の嫌がる野球です!!☆☆♫
しかし終盤戦はほとんどランナーが出られなくて、9回の攻防はツーアウトから9番・先発ピッチャーの今朝丸選手に代打を出すと、フォアボールを選んでくれましたが、残塁で試合終了となり、2年連続で春休みに開催される甲子園の決勝は、試合展開まで逆転負けと無念な大会でした!!(超汗)
報徳学園の今年の春休みに開催される甲子園は決勝の結果が去年に引き続き逆転で残念でしたが、昨年は試合の途中からでもライト側の外野席に上段にはなりましたが、バッチリ見えて、2011年の春休みに開催された甲子園の時の恩返しの応援を拍手中心で出来て充実感もある高校野球観戦記でした!!☆☆♫
今年も前年決勝で負けたチームが連続で春休みに開催される甲子園の決勝に行けたのは、2005年の愛工大名電(愛知県)以来で高卒の私が学生OBになってからは春休みに開催される甲子園では当然初めてのことでした!!☆☆♬
で、報徳サイドの皆様は今夏の公式戦に向けて、2年連続で春休みに開催された甲子園では決勝にて逆転で涙を呑んだ屈辱をカテに、これまで通り勝利を目指して頑張って下さい
私も岡山県からこれからも報徳学園を応援したいし、兵庫県外開催の地区大会や神宮に出るまでは兵庫を中心源にパワーも送りたいです

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する