アイキャッチ画像
※決勝(5/11)

■広陵 8-2 海田

海田|000|000|020| = 2
広陵|001|232|00x| = 8

(海)松本、平田、酒井、澤
(広)堀田、山口、相原、高尾

※3位決定戦(5/11)

■尾道 7-3 崇徳

崇徳|000|300|000| = 3
尾道|020|000|05x| = 7

(崇)中島、徳丸、脇本、井上、油浦
(尾)菅


※準決勝(5/5)

■広陵 4-2 尾道

尾道|000|000|200| = 2
広陵|201|000|01x| = 4

(尾)守内 (広)堀田

■崇徳 2-3 海田

崇徳|000|000|020| = 2
海田|000|002|10x| = 3

※準々決勝(4/28)

■山陽 0-5 広陵

広陵|200|010|101| = 5
山陽|000|000|000| = 0

■広島国際学院 3-5 崇徳

国際学院|000|110|100| = 3
崇  徳|030|000|20x| = 5

■尾道 4-0 総合技術

尾  道|002|200|000| = 4
総合技術|000|000|000| = 0

■海田 4-0 広島国泰寺

海 田|000|022|000| = 4
国泰寺|000|000|000| = 0

※2回戦(4/27)

瀬戸内 0-7 広陵(7)
広島国泰寺 6-1 盈進
広島国際学院 6-1 工大高
広島商業 3-4 崇徳
尾道 11-1 三次(6)
近大福山 1-2 総合技術
高陽東 7-8 山陽(11)
市立呉 1-2 海田(10)

※1回戦(4/21)

祇園北 0-8 広陵(7)
市立福山 3-5 尾道
西条農業 5-7 瀬戸内
武田 2-6 高陽東
三次 10-1 呉宮原(7)
修道 1-8 総合技術(7)
沼田 2-10 近大福山(7)
山陽 1-0 府中東

※1回戦(4/20)

広島新庄 0-1 崇徳
安西 3-11 盈進(7)
工大高 3-2 広島工業
広島商業 12-5 呉港(8)
如水館 2-8 広島国際学院
広島国泰寺 2-1 尾道商業
神辺旭 2-3 市立呉
海田 2-0 大竹

※地区予選(4/13)

大竹 8-7 広島城北

※地区予選(4/7)

崇徳 4-0 大竹
三原 0-11 近大福山
総合技術 10-0 松永
尾道 11-1 福山葦陽
祇園北 4-2 庄原実業
安西 9-4 三次青陵・世羅・上下
呉宮原 4-3 広島市工

※地区予選(4/6)

山陽 6-3 美鈴が丘
崇徳 13-0 基町
大竹 7-1 宮島工業
広島井口 6-12 広島城北
近大福山 2-7 福山
三原 9-2 尾道北
尾道商業 9-0 松永
府中 0-11 総合技術
府中東 4-2 福山葦陽
英数学館 0-13 尾道
吉田 3-8 祇園北
加計芸北・加計・向原 1-11 庄原実業
油木 8-10 安西
庄原格致 1-3 三次青陵・世羅・上下
広 1-8 海田
賀茂 3-7 広島工業
広島市工 4-1 安芸府中
呉港 9-0 呉宮原

※地区予選(4/4)

福山工業 1-4 府中東
尾道東 4-5 福山葦陽

※地区予選(4/3)

呉工業 5-8 広島工業
呉宮原 7-6 竹原

※地区予選(4/2)

呉三津田 2-9 海田
熊野 2-10 呉港

※地区予選(3/31)

広島商業 7-0 美鈴が丘
廿日市 0-5 山陽
修道 5-1 基町
崇徳 10-0 舟入
広工大高 8-7 宮島工業
大竹 2-1 広島観音
広島国泰寺 6-0 広島城北
連合 1-10 広島井口
近大福山 12-2 尾道北
福山明王台 1-8 三原
尾道商業 2-1 総合技術
府中 7-0 戸手
盈進 9-1 府中東
如水館 6-1 福山葦陽
福山工業 9-2 大門
福商・河・神・因 2-7 尾道東
尾道 0-2 神辺旭
英数学館 9-2 福山誠之館
高陽東 6-3 祇園北
吉田 8-1 可部
広島新庄 5-3 庄原実業
三次 9-2 安西
油木 10-9 広島中等教育学校
沼田 4-2 三次青陵・世羅・上下
庄原格致 6-1 日彰館
瀬戸内 4-1 広
西条農業 8-0 賀茂
呉港 3-6 国際学院
大柿 3-5 熊野
武田 5-2 竹原
安芸南 1-8 呉宮原
市立呉 6-1 安芸府中
呉高専 4-5 広島市工

※地区予選(3/30)

広島商業 10-1 山陽
廿日市 4-2 五日市
崇徳 2-3 修道
基町 11-1 舟入
広工大高 8-4 大竹
宮島工業 7-0 広島観音
広島国泰寺 10-2 連合チーム
広島城北 6-5 広島井口
尾道北 11-2 福山明王台
三原 0-7 福山
府中 2-6 総合技術
松永 7-6 戸手
盈進 13-6 福山工業
大門 2-3 府中東
尾道東 1-4 福山葦陽
尾道 10-3 英数学館
神辺旭 4-2 福山誠之館
高陽東 4-3 吉田
可部 6-8 祇園北
広島新庄 17-0 加計芸北・加計・向原
庄原実業 10-0 千代田
加計芸北・加計・向原 12-3 千代田
三次 13-6 油木
安西 13-0 広島中等教育学校
沼田 7-3 庄原格致
三次青陵・世羅・上下 7-6 日彰館
瀬戸内 2-1 海田
呉三津田 15-1 呉商業
西条農業 8-0 広島工業
呉工業 12-5 広島商船
呉港 33-2 大柿
熊野 0-13 国際学院
市立呉 10-0 呉高専
安芸府中 16-3 広島市工

※地区予選(3/29)

広島商船 0-10 賀茂

※地区予選(3/28)

呉商業 0-13 広
武田 5-1 安芸南
呉宮原 0-2 竹原

※地区予選(3/27)

美鈴が丘 7-2 五日市
海田 2-1 呉三津田
広島工業 11-4 呉工業

※地区予選(3/23)

廿日市 0-8 山陽
福商・河・神・因 0-10 如水館

※組み合せは広島県高野連HPをご覧ください。 こちら



コメント

コメントがありません。

尾道東へのメッセージ=2017年の春の県大会の時の恩返しの応援記念

尾道東の野球部の皆様は今年の春の大会の1位校トーナメントは1回戦敗退もお疲れ様でした!!(労)
今日は岡山県から前週の土曜の時も含めて、尾道東さんに対して、2017年の春の県大会の時の恩返しの応援に行こうとハラに決めていました!!☆☆♬
でもって尾道東のユニホームを着た試合関係者2人以上に対して、
「今日は岡山県から尾道東に恩返しの応援に来たので、勝利を目指して頑張って」
と話し込みました
でもって府中市出口町の首なし地蔵でも、広島の高校野球ではコロナ禍時代の高陽東を皮切りに、尾道東の野球部に対する必勝祈願は、今週の火曜にて、岡山県の商品センター(物流会社)の休みを入れていたので、参拝した時にプリキュアのスポーツタオルを使いながら敢行したワケなんですが…
それでも最初は2回の裏の相手の攻撃から始まって、1番の後続の打順のバッターが先頭として打席に立ち、当然私は最初継続試合だったと後で気づいたため、違和感を感じてしまいました!!(自分に爆)
それでも2回の裏からの攻撃だったと判った時点で、実は継続試合だったともわかりました!!☆☆♬
で、3回の表の尾道東の攻撃では、チャンスのランナーがいる場面で、セカンドも追いかけるライトフライの時、相手のライトが捕球しようとしたワケですが、これは運が良いことにライトの落球でエラーを誘って、1点を先制パンチで来たナイスショットでした!!☆☆♬
だから3回の後続のバッターにも
「また点を取ろう尾道東」
と応援しましたが…
で、4回の裏の尾道東の守備になると、二塁ランナーにはタイムリーで同点のホームインを許したワケですが、このランナーは与四死のランナーではないので、追いつかれても、納得が出来ます!!☆☆♬
で、5回の表の尾道東の攻撃から7回まで均衡が続く中、ワンボールワンストライク以下の時は
「もうボールカウントを先行させるな尾道東」、「もうボールカウント先行もいらんぞ尾道東」
ツーボールにすると「もうスリーボールにするな尾道東」、「もうスリーボールもいらんぞ尾道東」
そしてスリーボールにしてしまった時は「もうフォアボールは出すな尾道東」、「もうフォアボールはいらんぞ尾道東」
とゲキを飛ばすように応援したのに、フォアボールやボールカウント先行、スリーボールにしてしまったのは、相手のバッターが有利になることもあって、もったいなかったし、打たれるより残念でした!!(厳⇔汗)
でもひとまず同点に追いつかれた4回の守備では同点のホームインをされたランナーは打たれた時のランナーなので、納得出来ますが、逆転のランナーはフォアボールのランナーなので
「フォアボールの三塁ランナーに逆転を許すな尾道東」
と応援して、結果的には4回の守備では同点に追いつかれて、尚も満塁のピンチだったので、三者残塁にしてくれたことは本当に大きかったです!!☆☆♬
そん先は5回の守備でもフォアボールのランナーにピンチメイキングを許してしまったので、
「またフォアボールのランナーにホームインを許すな尾道東」
と応援し、また逆転のランナーであるフォアボールのランナーを残塁にしてくれたのは大きかったです!!☆☆♬
それっから後半6回,7回の守備でも3回目のフォアボールのランナーが尾道東のピンチの塁にいるランナーだったので
「またまたフォアボールのランナーに逆転を許すな尾道東」
とゲキを飛ばすように応援し、これもそのカイがあって残塁にしたナイスピッチングでした!!☆☆♬
しかし福山葦陽は背番号・10の自責点0で1失点完投勝利を遂げた身体のボッチャリしているように大きいピッチャーは本当に好くて、三振も奪われるし、ピッチャーゴロでも難なく捌くなど、今日の尾道東には猛威を振るうピッチングをされる打線が苦しむ野球でした!!(汗)
だから1点を先制パンチされても、尾道東の久保投手がエースとして、7回までは投げ続ける中、失点を許すのは時間の問題という意識も当然ありました!!(汗)
もちろん5回から8回にかけて、逆転を許す危険性も芽生えるほど今日は尾道東さんに恩返しの応援を繰り出したがために、悔しい話ですが福山葦陽さんの背番号・10のピッチャーはメインチームの対戦相手さながら冗談抜きに好いピッチャーでした!!☆☆♬
夏の甲子園も都道府県大会で優勝したチームを九分九厘相手にするので、いくらトド府県大会では強打で勝ち抜いたと言っても、都道府県大会の上位に勝ち残ったチームとは質も上を行く好いピッチャーでチャンスで打てないなど、当然これは失点につながってしまうものでもあります!!
で、2回の守備から7回の攻防にかけて、サードゴロがファーストのエラーになってしまうこともあるなど、今日の盈進グラウンドの第3試合では、送球した内野手のエラーもいくつかあったものですね!!(汗)
その半面、そのエラーのランナーは残塁にする強いチームでもお互いありました!!☆☆♬
しかし尾道東が逆転を許してしまった8回の守備ではノーアウトから先頭をスリーボールにしてしまうと
「もうフォアボールは出すな尾道東」
とゲキを飛ばすように応援したのに対して、プリキュアも登場する私の高校野球観戦記を大人のプリキュアファンが書き込むことも見ることも許されるスレッド型の掲示板にて、書き綴る際キュアアイドルギャンブラーなら
「アンタ(カメ大王)が『スリーボールからもうフォアボールは出すな』って言うから尾道東のピッチャーは『デッドボールを与えることになる』って思うわと、適当に独り言をこぼし、それがものの見事に的中するのも、私がプリキュアも登場する高校野球観戦記を書き綴る際に、書き込むことでもありますね
で、次のバッターもスリーボールにしたはずなら「もう与四死はいらんぞ尾道東」と応援するのが的確なはずなのに、「もうORまたフォアボールはいらんぞ尾道東」あるいは「もうORまたフォアボールは出すな尾道東」と応援したことで、結局はノーアウトからデッドボール連発になってしまって、本当に残念でした!!(大汗⇔大厳)
で、ダブルデッドボールのランナーが進塁した直後の
「デッドボールのランナーに逆転を許すな尾道東」
と応援すると、センターからやって来た2番手のピッチャーのワイルドピッチが発生してしまい、第一次デッドボールのランナーに逆転を許してしまうカタチになり、尾道東のピッチャーは燃料切れになってしまったがの如く、この回2点目を取られた場面では、ショートフライが犠牲フライになったものだと私は最初思いましたが、尾道東のショートが打球を落としてしまい、バッターランナーも出塁すると、結果的にこの回は3点を取られて逆転した挙句に、尚も2点を引き離されるトドメも刺された苦しい守備でした!!(冷や汗)
特にこの回2点目のランナーが新しいデッドボールのランナーで、8回の守備では4球死球(デッドボール)も2人の内1人出してしまい本当に残念でした
そして9回の攻防でも尾道東の今日の打線が悪戦苦闘し続ける福山葦陽の背番号・10のピッチャーが続投で2点目のホームも踏めないまま試合終了で、尾道東の今年の春の大会の1位校トーナメントの1回戦は福山葦陽戦の時点で残念でしたが、今日は盈進グラウンドで観ていて、1番が初ヒットを放つなど、車を停めている駐車場に戻る時も、充実した気分で、去年の夏の甲子園の決勝の時は、甲子園で試合を観るつもりだったのに、販売開始1時間でほぼ完売レベルという凄まじいスピードで売れてしまい、それで甲子園は諦めて、甲子園球場から1番近くの兵庫の地区予選会場である野球場で、兵庫の県立の川西北陵を2008年の東兵庫大会をきっかけに、私が今でも高校野球の硬式の部があるチームでは、1番好きな神戸国際大付の初戦の対戦相手であるがために、恩返しの応援を繰り出したワケですが、この試合は打線が2点止まりで、しかも相手打線に取られた4点のうち3点がフォアボールに尽きる!!という後味も本当に悪く、負け方が悪い試合でもあったので、その野球場から甲子園球場と甲子園駅の中間点になるようなバス停に戻るためのバスの中でも、川西北陵が相手打線に取られた4点のうち3点がフォアボールに尽きる!!と言わんばかりにムカムカしたものでもありました!!(厳→爆)
しかも川西北陵は去年の夏の甲子園の決勝当日は、敗者復活戦を戦っている時だったので、なおさらですね!!(厳)
それでも話を広島の今日の地区予選に戻して、
「敗者復活戦も勝利を目指して頑張って、県大会には出よう」
ってな感じで声もかけました
また福山葦陽には「勝利おめでとう」「(1位校の)第2戦も勝利を目指して頑張れ」
と声をかけました!!☆☆♬
ちなみに試合前の整列時には両チームに審判団にも一礼したようなカッコ良い選手がいて
「両チームカッコ良いよ!!☆☆♬」
と私だけ声を掛けました!!
それと試合後もやっぱり両チームに審判団にも一礼するカッコいい選手がいて、福山葦陽はキャプテンである1番審判側の選手だけ一礼するようにカッコ良い選手がいたように見えたのに対して、尾道東は2人以上の選手が逆転負けでも審判団にも一礼して
「両チームカッコ良いよ!!☆☆♬」
の直後は
「尾道東はよりカッコ良いよ!!☆☆♬」
と追加するように声を掛けました!!☆☆♬
ちなみにこれは2年前の夏の愛媛大会の今治市営球場の第1試合の時以来に見受けられて、お互いに審判団にも一礼するカッコ良い選手がいる場合、その選手の頭数が多い方がよりカッコ良いと物語るものですよ!!☆☆♬
審判団にも一礼する選手は全員に限らずたった一人でも当然そのチームはカッコ良い選手がいるということなのです!!☆☆♬
もちろん女子のチームの選手の場合、女子プロ野球選手もわかって欲しいところですね!!☆☆♫
で、第2試合では3-2と広島県立大門高校が再逆転され続ける中で、自宅は今でも神辺(広島県福山市北東部)だけど高校は岡山県の興譲館高校(妹は神辺の中学校を卒業直後は父親譲りなのか野球には興味がないのに、チアリーディング部に入るけどどういうワケか岡山龍谷にストレート編入し、大学も京都市内の女子大から龍谷大にストレート編入)の入試には落ちて同じく岡山県の井原市立では軟式野球部に入って、引退するまで続けた私の現職の会社の後輩のお姉様がOGなので、彼女(もちろん私の恋人なワケはない!!)の分まで、府中東サイドの陣地な(はずな)のに、応援することもありました!!
しかし大門高校も今日の盈進グラウンドでの第2試合では、ワンアウト二塁からバッターがセカンドライナーに倒れてしまって、去年の夏の甲子園の初日の時の甲子園のデビュー戦に臨んだ首都圏勢もそうですが、ワンアウト二塁から二遊間への内野ライナーはキュアベースボールギャンブラーも、監督して女子マネの時以来に甲子園に舞い戻ったワケですがこれはもう
「バッターの結果が悪すぎた!!(厳⇔汗)」
としか言いようがありません!!
だから大門高校の場合、今日の盈進グラウンドの第2試合では、8回の攻撃の時のワンアウト二塁からバッターがセカンドライナー併殺打に倒れてしまった最悪な結果が最大のジャンクションでした!!(汗)
それでも第2試合でもどっちかのチームにカッコいい選手がいたものでした!!☆☆♬
今日盈進グラウンドでは、第2試合の途中から学校のグラウンドで高校野球観戦ということで、いとこのお姉さんの次女がまだまだ保育園児の時のプリキュアのビニールシートを車の荷台から持ち出したカイも特に第3試合では大有りでした!!☆☆♬
で、第3試合が終わると岡山市北区と西側に隣り合わせな地域のブックオフやローソンに盈進グラウンドから向かう道中ではカーテレビをつけて、報徳学園(兵庫)のエースでキャプテンという二刀流の間木投手も中央学院(千葉県)のバッターに2球目を投げ終えた時点で、ストライク先行ばかりさせてくれて、やっぱりこれは観ていて気持ちが良かったです!!☆☆♬
今年の春休みに開催されている甲子園の準決勝では健大高崎が群馬県勢として相当久しぶりに春休みに開催されている甲子園の決勝進出を遂げたと知り、今日はカーテレビにも目を向けながら報徳学園のことを応援したカイがありました!!☆☆♬
余談ですが、今年の春休みに開催されている甲子園の優勝候補は今回唯一連覇への可能性がある山梨学院高校を優勝候補と予想していて、準々決勝でチームは初めて決勝へのカベを打破した健大高崎にやられましたが、それでも山梨学院はバッターが良いとお母様に言いました
それでお母様は「じゃあ(山梨学院の)ピッチャーは?」
と聞かれた時、今年の春休みに開催されている甲子園の開幕時点では
「甲子園でも通用するような良いピッチャーが1人しかいない」
という風に的確に返すことが出来ませんでした!!(厳+苦笑)
そんなこんなで、尾道東の野球部の皆様は、今度は敗者復活戦に向けて、2017年では出ることも出来た春の県大会に向けて、気持ちを切り替えて勝利を目指して頑張って下さい
私も岡山県から今年の春の大会の敗者復活戦でも尾道東を引き続き恩返しの応援をしたし、今年の春の大会では最後の最後まで広島までパワーも送りたいです
2017年の春の県大会では選手が9人でも内野へのシートノックの時は、外野の選手も内野に陣取らせるなど部員不足で悩むチームの模範になるシートノックだったので、なおさらです!!☆☆♬
それから今日の盈進グラウンドの第3試合では、福山葦陽さんの方が監督がノックを打つ際、内野ゴロでも遠慮が見受けられなくて、今日はメインの尾道東の対戦相手さながらアッパレでした!!☆☆♬
逆に尾道東の監督は内野ゴロの時出出しは遠慮がどうも見受けられたのは、もったいないし、内野強襲のヒットを打たれる危険性も小さくはない物でした
あと今日の盈進グラウンドで私が見た試合では、サード強襲のレフト前ヒットも見受けられましたよ!!☆☆♬
最後の内野手を強襲した後で外野まで飛んだヒットは内野手強襲の外野へのヒットとやっぱり高校野球の雑誌や、高校野球のニュースで特集して欲しいですね!!(厳→咲)
記念大会の記念大会では、私がメインとして内野席で、岡山龍谷がある地域の岡山県立進学校で、現役の時は大阪大が第一志望でした
それなのにホテルから出発する際に、遅刻して、全問解けなかった関西大OB(岡山龍谷がある地域の親戚のおっちゃんも、その人と同じ高校の先輩で、広大は入試当日お父様の方のおじい様がハンドルを握る車で向かう道中雪が降っていたがために、案の定時間通りに進まず、全問解くことが出来なくて浪人した大阪工大OB)で、大阪桐蔭の監督は同い年の後輩学生である最年少のいとこのお母様であるお母様の妹は普通科でもコースは違うみたいな高校時代の同級生である私の現職の会社の元後輩同僚と一緒に、慶應義塾がサード強襲のレフト前同点タイムリーも二塁ランナーはホームでタッチアウトということもありましたが、なおさらです!!(厳→咲)

追伸
広大は広島大の略で、岡山県内でも特に西部では広島大の時は広大で通るのも特長なのです!!☆☆♬

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する